前へ
次へ

自己をオープンにしている情報をチェック

求人とは、雇い入れる・働き手を求めることにあります。
アルバイト求人は、学生ならではの雇用形態ですし、パート求人は専業主婦ならではの雇用形態です。
働き手を求める雇用側への信頼を、賃料で築くにしては残念です。
トップ、あるいは採用担当の人事部の者たちが率先して自己開示しなければならない時代でもあります。
新卒採用での面接、確かに大手企業、大企業レベルであれば、質疑応答の準備万端で臨むでしょうし、書類選考などでふるい落とさることも実際あるでしょう。
しかし、地方でアルバイト求人ならば、話しやすい雰囲気ができ、自己開示により話している人の人間像が明確化されます。
小売店などでは、店(会社)の特色は開示しなければ伝わりません。
どんな考え方、価値観を持った人、もしくは会社なのかを最初に伝えておかなければなりません。
以前、この開示がなく、働き始めてすぐ、場違いであったことが分かり辞めてしまった経験があります。
もちろん、求職者自らが求人情報を収集していないことも原因ですが、会社やトップが自己開示していれば、個性を伝えられたかもしれません。
だからこそ、求人募集では自らをオープンにしている、そうした情報を優先的にチェックしています。

Page Top